カテゴリ:

【投稿者名】   シュガー様
【体験日】     8月29日
【店名】        大人の恋愛(上野・鶯谷)
【女の子の名前】 みくさん
【ルックス】      可愛い
【マナー】        丁寧な接客
【プレイスタイル】  清楚でエロい

la_grpb0008213436_0000000001pc

grdr0008213435_0074454306pc
みくさんの写メ日記はこちら

-----[口コミ]-------------------------

[プレイ内容への感想]
 ドアをノックして再会した嬢は、前回と全く同じイメージ。清楚で普通のOLさんという感じ。店の写真が変わっていたので、少し心配したのだが、全く変わらない様子に安心する。1年半前の利用だったので、嬢の記憶はおぼろげだったが、徐々に思い出してくれた感じで、再会を喜ぶ。「また呼んでくれて、めっちゃうれしい!」と体をすり寄せ、キスをしてくれて、こちらもとても心が弾んだ。

 インコール等の手続きを済ませると、嬢は枕元に並べた持ち込みおもちゃに興味津々。スマホで写真を撮り始める。「あとで使ってあげるね:というと、「楽しみ!」と軽く答えてくれる。素直な反応はとても嬉しい。

 愛おしくなって、強く抱きしめ、唇を貪る。嬢は積極的に舌を絡めてきてくれる。タバコ臭を含め、全く口臭がないし、体からも嫌なにおいは一切しない。立ちながらお互いの体をまさぐると、嬢は切なげな声をあげて感じはじめ、強く抱きしめると、身をのけぞらせる。首筋を舐めながら、スカートをまくり上げ、ストッキングの上からお尻を揉みあげる。しまった素敵なお尻に興奮が高まる。「たくさん気持ちよくしてあげる」と耳元でささやくと「いっぱい気持ちよくして…」と答えてくれる。

 そこで最初のイタズラ。リモコンローターの使用を提案。嬢は「いいですよ」と答えて、ローターにゴムをかぶせ、パンティの中にもぞもぞとローター部分を入れる。私はクリに当たるようにと思っていたのだが、嬢は「ちょっとおっきい…」とつぶやく。後で分かったが、嬢はローター部分を挿入していたようだ。そんなことも知らないままだったが、抱きしめながら、スイッチを入れる。

 嬢はモードが入れ替わるたびに、体を震わせ、強くしがみついてくる。「あっ、ダメ!」と吐息を漏らしながら、どんどんと感じ始める。立っているのが辛くなったようなので、ベッドに横たえ、足を開かせる。ブラウスをまくり上げ、ブラをずらし、可愛いピンクの乳首を舌先で転がし、パンストの上からクリを刺激する。この時点で、ローターがクリ部分にないことが分かったので、指先でクリの部分をなぞる。すると嬢の息はどんどん荒くなり、「あっ、だめ、だめ… イッちゃう!」と吐息を漏らしながら、体を震わせ、1回目の昇天。しばらく放心状態の後、「もう、イッちゃった…」と目を潤ませながら恥ずかしげにつぶやく。「1回イッたらイケないほう?」と訊くと、「大丈夫、でも少し休憩しないと」というので、そこでバスルームへと移動。

 シャワーでは、体を洗う流れの中で、自然に乳首を舐めてくれたりするので、こちらも首筋を舐めたり、乳首を刺激したり、既にヌレヌレの割れ目を刺激したりして応戦。おかげでペニスはビンビンになったので、お尻に押しつけて遊んだりしながら、恋人のようにいちゃつく。しばし楽しんだ後、先に部屋へ戻る。

 バスタオルを巻いて帰ってきた嬢を、抱き寄せ、きつく抱きしめ、バスタオルを外し、耳から首筋、乳首へと舌先を転がすと、嬢は切なげな声を上げる。そこで、「乳首舐めて」とお願いすると、嬢は頷き、キスから、首筋へと舌で刺激しつつ、じらし気味に乳首へと移っていく。硬くした舌先で、乳首を転がしたり、唇で挟み込んで「じゅるじゅる」と音を立てながら舐め回したりと、バリエーション豊かな攻めに、体の芯から震える。硬くなった肉棒に気づいた嬢は、徐々にお腹から太もも、玉へと舌をはわせ、またもやじらすように刺激する。すっかりペニスがそそり立ってしまったタイミングで嬢は、舌先で亀頭をちろちろと舐める。終始、上目遣いで私の顔を見ながらの優しい攻めに、硬度が更に増す。すると嬢はぱっくんとペニスを咥え、じゅぼじゅぼと音を立て、ピストン運動をしたり、棹の部分に舌をはわせたりと、多様な攻めを繰り出す。とても上手で愛情のこもった攻めに、立っているのが辛くなったので、ベッドへの移動を提案。今度は、私から攻めることにする。

 仰向けにし、最初は首筋から乳首周辺、脇腹、太ももへと舌を動かし、じらしながら攻める。嬢は感じるところになるとびくんと体を動かすが、早くポイントを攻めてもらいたい様子。そこで、乳首を指で挟むと、「あん…」と声を上げる。そこで乳首攻めをしながら、クンニへと移行。嬢の割れ目は既にヌレヌレ。ビラを開き、クリの皮をむき、舌先で愛撫。嬢は「あん、いい、気持ちいい!」と言いながら腰を浮かせる。指を挿入すると声は更に高まり、今にもイキそうな様子。

 前回はクンニでイカせたので、今回は、違う形でイカせようと、嬢が興味を持っていたおもちゃの使用を提案。嬢は「試してみたい!」というので、指入れの反応が予想以上に良かったことから、「みくちゃん、バイブがいいんじゃない?」と訊いたが、「私、クリ派なの」という予想外の答え。それならばと、まずは、ソフトな攻めの柔らかバイブを使用。このバイブでイカなかった嬢はいないという代物。バイブではあるが、挿入部分は小さく、独立しては動かない構造。しかし、クリを刺激する部分が広く、しかも振動が強いので、クリ派にはぴったりなのでした。

 挿入部分にゴムをかぶせ、挿入すると、ぬるっと入る。そこで、まずは3割程度の振動でスタート。しかしそれでも嬢は「あん、なにこれ、いい、あぁ…」とお気に入りの様子。すぐに腰を浮かせ、体中を震わせる。これは時間の問題と見て、乳首舐めやキスをしながら、徐々に振動を強くしていく。最高の振動にしたところで、嬢は「ダメ!イク!イッちゃうよお…」と絶叫しながら、見事に頂点へ。体の震えが止まらないので、ぎゅっと抱きしめて、震えが止まるのを待つ。「気持ちよかった?」と訊くと、「うん、よかった…」と潤んだ目で見つめる。

 少し時間を置いて落ち着いた嬢は、私の乳首を指でいじり始める。そこで「じゃ、攻守交代ね」というと、嬢はこくんとうなずき、私の上に乗り、濃厚なキスからスタート。首筋から初めて、体の隅々まで舐め回す。ゆっくりと、ねっとりと、意図的にじらしながらの攻めに、体の震えが止まらない。体中が火照ったタイミングで、嬢は乳首舐めを始める。指先で左の乳首をこりこりしながら、唇や舌を総動員して、右の乳首を舐めまわす。エッチな音を立てながらの攻めに、快感が高まっていく。「気持ちいいの?」と訊かれるので、「みくちゃんの舌がすごくエッチで気持ちいい…」と答えると、「うれしい…」といいながら、ひたすら乳首舐めに専念。「乳首ビンビンだよ…」と言いながらの攻めに体の芯までしびれる。

 あまりに気持ちよかったので、むしろペニスが萎んでしまっていたのを感じた嬢は、生フェラへと移行する。丁寧に優しく、激しく、優しく攻めるので、とても気持ちよかったのだが、乳首に快感が集中したためか、なかなか元気にならない。嬢が感じている時にはビンビンだったので、69を提案。嬢が上になり、割れ目やクリを舐め回す。嬢が感じる声を出し始めると、ペニスは徐々に高まっていく。しかし今ひとつだったので、初めて嬢のアナル舐めを決行。嬢によっては、アナル攻めをはばかられるようなこともあるのだが、みくちゃんのアナルはとてもきれいだったし、無臭だったので、攻めてみた。すると、みくちゃんの声はどんどん高まり、すごく気持ちいいのが声からも分かる。それを察知したのか、肉棒の硬度はどんどん増し、暴発寸前。嬢は、手コキ、生フェラと様々な技を駆使していたが、結局手コキの段階で放出。突然の放出に嬢も焦ったらしく「不意打ちだね…」といいながら、口内発射をさせられなかったのを悔やむ。でもお掃除フェラできれいにしてもらい、ティシュで丁寧に拭き取ってくれました。

 おたがいかなり濃密な時間を過ごしたこともあり、ここで休憩を提案。嬢にはジャスミンティを提供。嬢は、喜びながら喉を潤し、私も緑茶で渇きをいやし、しばらく談笑。前回の話や、身の上話などを打ち解けて話す。同じ東北の出身であることもあり、とてもインティメートな雰囲気になる。

 しばし歓談した後、別のおもちゃを試してイカせたいと思い、何を使いたいか訊く。すると、もう少し本格的なバイブに興味を示したので、ゴムをかぶせて、嬢の割れ目に挿入。このバイブは、挿入部分も動き、クリ部分は前使ったものと同様、広く刺激する形式。挿入した途端嬢は「あっ!これいい!」と言いながら可愛い顔を歪めるので、嬢にバイブを預け、私はダブルローターで乳首を刺激しながら、舌で乳首を舐め回す。嬢は、あっという間に高まり、腰を浮かせ、「あっだめ、だめ、イッちゃう、イッちゃう、あぁ!」と絶叫し、またもや果ててしまう。クリ派といいながら、こちらの奥まで達する長さのバイブの方が反応が良かったので、クリと中を同時攻撃するのがこの嬢のツボらしいことをつかむことが出来ました。

 残り時間もわずかになり、前回、騎乗位素股が気持ちよかったことを思い出し、上にまたがってもらうようお願いする。下から見上げる嬢のスタイルはとてもいい。おっぱいの形が素敵な上に、ぬれそぼった部分をペニスに押しつけグラインドすると、まるで入っているかのような感覚になる。嬢は乳首がとにかく感じるらしく、下から手を伸ばし、乳首を指で挟みながら刺激すると、ものすごい反応。ペニスでクリを刺激され、乳首も攻撃されている状態だからだとは思うが、とても反応がいいので、私の肉棒もどんどん硬さを増し、イク寸前になる。しかしイクまでに至らなかったので、嬢は意地でもイカせたいと、ローションを使用してのスマタに移るが、あまりにソフトすぎて、むしろ萎えてしまったのは残念。そこでシャワータイムへと誘うタイマーが鳴ったので、今日のプレーを終わらせるべく、あとは強く抱きしめながら、お話しをする。嬢の肌はすべすべしていて、とてもいい感触。肉付きも適度なので、とても柔らかく、いつまでも抱きしめていたい感触でした。

 その後シャワーへと移り、いちゃいちゃタイムを過ごし、あとは服を着て、残りの時間を過ごす。嬢はとても気持ちよかったらしく、「ありがとう、すごくよかった。また会いにきてね」と言うので、私も再会を約束して、熱いキスを交わし、タイムオーバー。とても充実した時間でした。

[今回の総評]
 1年半ぶりの再会が出来て感無量。初めてこの店を利用し、のめり込むきっかけになった嬢だったこともあるので、感慨深いものがありました。
 1年半前と変わらず、見かけは清楚なのに、エッチに積極的というギャップがいい。私の求める、「タバコ臭くなくて、清楚で、気遣いが出来て、太っていなくて、しっかりと感じてイッてくれて、攻めテクもある嬢」という条件を彼女ほど高レベルで満たしてくれる嬢はいない。

[スタッフの対応]
 非常に的確な対応でした。ネット予約への対応、受付、ドライバーとも完璧でした。この調子で頑張ってください。

[お店の良い所]
嬢の出勤数が多い。価格がリーズナブルなのに、はずれが少ない。


[店長より]

シュガー様

この度は大人の恋愛をご利用頂きまして誠に有難うございます。
今回も口コミ投稿頂き誠に有りがとうございます。

『みくさん』とのプレイ内容も詳しく書いて頂きまして有難うございます。
我々スタッフでは知りえない部分も多々ありますので、接客時の参考にさせていただきます。

『みくさん』は初回にご案内させて頂いた女性ですね。
あれから1年半、シュガー様は一貫してヘルスコースをご利用いただいておりますが、それにより当店がマッサージだけのお店ではなく「女性のレベルも高い」ことを証明していただいているようで、大変誇らしく思います


『みくさん』にもシュガー様からのお褒めのお言葉を頂いた旨を伝えた所、本当に喜んでおりまして、また逢えて嬉しかったと言っておりました。

また、スタッフへのお心遣いも頂きまして有難うございます。
いつも厳しいご指摘をいただき、その度に気を引き締めることでスタッフのレベルが一層上がったように思います。

これからもより良い店舗作りを目指して、スタッフ一同努力して参ります。
今後とも大人の恋愛、そして秋葉原コスプレ学園グループを宜しくお願い致します。